美容のために徹底的に紫外線対策をしよう

美容の話の中によく出てくる活性酸素という言葉ですが、そのプラスのイメージとは真逆で、体の正常な細胞を傷つけてしまう美容や健康に悪影響を及ぼす存在です。

活性酸素と美容との関係・美容対策を考える

美容のために徹底的に紫外線対策をしよう 美容の話の中によく出てくる活性酸素という言葉ですが、そのプラスのイメージとは真逆で、体の正常な細胞を傷つけてしまう美容や健康に悪影響を及ぼす存在です。例えば、外出時に紫外線を浴びて、肌にシミなどができるは、その部分に活性酸素が発生したことによる影響です。活性酸素が肌の細胞を酸化させることで、肌の弾力の元となっているコラーゲンが変質しメラニン色素が作られてしまった結果です。皮膚の老化が進んでしまいますので、活性酸素への対策が必要ということになります。

活性酸素の働きを抑制する物質として、抗酸化物質が注目されています。サプリメントなどの効果のキャッチフレーズにもよく出てくる言葉ですが、具体的にはビタミンやミネラルなど細胞を賦活させる効果のある成分です。これらの物質は食事から摂るのが基本です。ビタミンC、E、Aなどのほか、ミネラル、良質なたんぱく質を摂ることを心がけましょう。

美容対策として抗酸化物質を摂取していく内側からのアプローチとは別に、抗酸化物質の発生そのものの発生を抑制する方法をとることができます。外部刺激から皮膚を守る工夫をしましょう。紫外線を避け、直接、肌に日光を浴びないように注意したり、化粧品を工夫することで、外からの刺激に備えます。